通販で購入する生ウインナー

格段に美味しい生ウインナー!!生ウインナーを購入するならモンヴェール!!

モンヴェールは、生ウインナーを販売している人気ショップです。モンヴェールの生ウインナーは、通常のウインナーとは格段に美味しさが違い、一度食べればその美味しさからリピーターになる人も沢山います。ここでは、生ウインナーに関する様々な情報と共に、モンヴェールの人気理由に迫ります。

日本におけるウインナーの歴史とは?

日本でのウインナーの歴史は、奈良時代や飛鳥時代頃から仏教徒の宗教関係もあって、一部地域や職業を除いては、基本的にお肉を食べる文化はありませんでした。本来、ウインナーと言うのは、獣肉の保存を行う為の方法として発達した加工法です。なので、お肉を食べる習慣が無かった昔の日本人にとっては、特に関係無く必要ない加工技術でした。外国人が行き来していた長崎では、何らかの食肉加工法が伝わっていた可能性もありますが、日本での食肉加工の歴史については断定できない部分が多くあります。
そんな中、日本で発見されたウインナーに関する最古の記録が、1860年に派遣された万延元年遣米使節団の随行員の記録に残っています。記録には、「豚の腸へ詰め込んだ味付けした豚肉を油で煮た物を食べた」と記述されています。しかし、日本国内で暮らしている日本人がウインナーを食べるようになったのは、もっと後の話です。日本でウインナーが作られるようになった時期は、大正時代以降とされています。

そもそも生ウインナーとは?

ウインナーに加熱処理が行われていない

生ウインナーは通常のウインナーとは異なり、商品自体に加熱処理が行われていない物になります。腸詰めした後に冷凍してパック詰めが行われています。生ウインナーを食べてみると分かりますが、一般的に販売されている加熱済みのウインナーとは食感も格段に違ってきます。ウインナーの製造過程において加熱しないので、生地の肉に含まれているたんぱく質が固まりません。なので、加熱処理されたウインナーとは一味違った食感を楽しみながら、食を楽しむ事ができます。
基本的に生ウインナーの種類には、粗挽きの生ソーセージと絹挽きの生ソーセージの2タイプがあります。

モンヴェールポークの生ウインナー

粗挽き生ウインナーは、噛むたびに肉汁が出るのでジューシーな味わいに、絹挽き生ウインナーは、生地がフワッとした食感になっており滑らかな口当たりに、これらがそれぞれの生ウインナーの大きな特徴になります。また、生ウインナーは冷凍保存する事ができるので、いつでも新鮮な状態のままで生ウインナーを味わう事ができます。

生ウインナーは生のままでは食べる事はできない

生ウインナーは、生のままの状態では食べる事はできません。生ハムは生で食べる事ができますが、生ウインナーは生で食べる為に調理されている食品ではないので、加熱して美味しく食べます。お湯でボイルしたり、フライパンで焼いたりする等して、加熱処理をして中までしっかり火を通して美味しく食べましょう。

生ウインナーと普通のウインナーの違いとは?

生ウインナーと普通のウインナーとの違いは、生か加熱処理をしているかが大きな違いです。また、食べた時の違いは、生ウインナーの場合は、加熱したウインナーよりもウインナーのジューシー感を味わう事ができます。また、お肉の存在感も感じる事ができるので食べ応えがあります。一方、加熱処理済みのウインナーは、再びウインナーを加熱して食べるので、ジューシーや旨み等は生ウインナーよりも弱くなります。
生ウインナーの良さは、加熱処理直後に食べる事になるので、お肉のジューシーさや肉感等の旨みを損なう事無く、ウインナーを美味しく味わう事ができます。

モンヴェールポークの手作りソーセージ

生ウインナーは普通のウインナーよりも製造に一手間かけて作られているので、生から焼く事でジューシーな肉々しい味わいを楽しむ事ができる醍醐味が魅力です。これは、他のウインナーでは味わう事ができない美味しさでもあります。

味に定評ありの生ウインナー「モンヴェール」とは?

素材の味を楽しむ増量剤・保存料不使用
増量剤不使用のメリットとは
モンヴェールポークの生ウインナー

一般的なウインナー作りでは、少ない原料肉を加水して増やす増量剤が広く使用されています。結着剤とも言われており、肉同士を結着させて水分まで固める食品添加物です。主にウインナー作りでは、リン酸塩が使用されています。他にも、結着剤の代わりに大豆たんぱく、乳たんぱく、卵たんぱく、でんぷん等もよく使用されています。これらは食材同士の繋ぎの役割があり、俗に増量剤と言われています。
こうして作られたソーセージと言うのは、色々な食品が入っているのでアレルギーを持つ方は殆どウインナーを食べる事ができません。また、増量剤と一緒に使用されている食品添加物には、カルシウムの吸収を阻害する働きがあると言われているリン酸塩、魚肉や食肉等に含まれるアミンが胃の中で反応して、発がん性のニトロソアミンを生成する亜硝酸ナトリウム等、人体への悪影響を懸念される物も多い事が実情にあります。

モンヴェールの生ウインナーは、増量剤不使用なので自然派食品の生ウインナーです。体に害の無い食品なので、小さい子供から年配の方まで、老若男女問わず安心して食べる事ができます。
保存料不使用のメリットとは
保存料と言うのは、食品の腐敗、変色、味の変化の原因となる微生物増殖抑制で、食品の保存性を高める食品添加物です。使用目的は食中毒リスクの軽減で、その役割は保存性向上、食品腐敗防止、風味維持、棄食品軽減等が挙げられます。
モンヴェールの生ウインナーは、保存料を含まない食品なので化学合成品を摂取する事がありません。現代の食生活においては、保存料に頼らざる得なくなっているのが実情ですよね。厚生労働省が安全性を確認した上で食品添加物は使用されていますが、少しでも保存料を摂取しない食品だと安心です。通常のウインナーに比べると保存期間は短くなりますが、その分素材の美味しさを存分に味わう事ができます。
調味料にもこだわりを持って作られている
希少な温泉塩「岬の御塩」使用
モンヴェールの生ウインナーには、熊本県の塩むすび館で作られる塩と、ドイツの高級スパイスを贅沢に使用して作られています。塩に関しては、御立岬温泉水100%を原料としており、添加物や成分調整は一切使用していません。なので、ミネラル成分がそのまま含まれており、味にコクとまろやかさがあり人気があります。塩味が程良いので、ウインナー自体の素材の味もしっかり引き出してくれます。
ドイツの高級スパイス「hela」使用
ドイツの高級スパイスhelaは、実に様々なスパイスがあり、使用するスパイスによって素材の味の引き立て方が変わってきます。モンヴェールには色々なタイプの生ウインナーがありますが、商品一つ一つに合ったスパイスが使用されており、素材とスパイスの融合を味わいながら楽しむ事ができます。
通販で買える生ウインナー

モンヴェールの美味しい食べ方とは?

炒めて香ばしく仕上げる

モンヴェールの生ウインナーに、包丁で切り目を入れずに、弱火で生ウインナーを調理して、香ばしく焼き上げるのもお勧めです。フライパンには油を敷かず、生ウインナーから出る肉の旨味がたっぷり含まれた脂を利用して焼くのがポイントです。ゆっくりとフライパンの上で生ウインナーを転がしながら、自分好みの焼き加減で香ばしくカラっと炒めましょう。生ウインナーを炒める時間の目安は、約5分程度がお勧めです。

ボイルで旨味を逃がさない

モンヴェールの生ウインナーの旨味が抜けないよう、切り目を入れずにそのままの状態で、90度位の沸騰していないお湯で優しく茹でましょう。茹で上がった生ウインナーはふっくらとしているので、ふっくらとして生ウインナーが温かい内に、マスタードや好みのソースを付けて食べるのがお勧めです。生ウインナーをボイル時間の目安は、約3分程度がお勧めです。


生ウインナー 通販モンヴェールポーク100% 手作り生ウインナー
通販サイトはこちら